音楽祭事務局スタッフと公式レポータが目白情報を発信します
by mejilog2007
>> 目白バ・ロック音楽祭公式サイト
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ニュース
コンサートレビュー
目白リポート
バックステージ
事務局より
ブロガーのつぶやき
公式ブロガー(リポーター)たち
編集長タカハシ
『目白バ・ロック音楽祭2007公式ガイドブック』編集長

ひとみ
空飛ぶ歌姫。目白在住0年、まだヒヨコ

せん
日本を代表する(?)ネット系クラ・オタ

takako
地図を読む女。最近ボーヴォワールに目覚めたらしい

アヤエル
クラウディオいのち。休日も音楽家

カナエル
目白と天使をこよなく愛する食いしん坊。茨城出身
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

 携帯でメジログを読む!
 ※広告が表示されます

 
【目白レポート】バ・ロック音楽祭をささえる天使たち
目白が丘教会からちょっと迷って「花想容」にたどりつくと、ボナちゃんことボナヴィータさんがアンコール曲を演奏中でした。
今日のコンサートはこれひとつ。

お天気雨のなか、音楽祭のアートディレクター、イアンさんが大きな巻紙を持ってにこにこと登場。プロデューサーふたりに見守られて縁側に広げられたのは……


e0123479_225365.jpg
目白バ・ロック音楽祭B全版ポスター。これ2枚(マリアと天使)でひと組。おおきい。


e0123479_22561742.jpge0123479_071070.jpg


豊島区 新宿区 文京区 東京メトロ の文字がくっきりと。美しい。目白には3つの区が集まっています。右はヤマハのスタッフさん。寡黙に、しかしいつもきりりと立ったままCDを販売。その精神はバ・ロックか。


e0123479_2393516.jpg
花想容から目白聖公会へ向かう途中、東京古典楽器センターの佐藤さん。突然の音楽祭スタジオ使用願いや譜面台使用願いにも動じないこの笑顔。頼りにしてます……


e0123479_23181659.jpge0123479_23213725.jpg


目白聖公会の集会室では、昨夜演奏会を終えたばかりのガッティさんとリクレアツィオン・ダルカディアが9日のために猛リハーサル中。


e0123479_23221584.jpg
リハーサルの間、中庭にて。聖公会のナカサイ先生。
「昨今のホールでの演奏会に来る人たちはなんだか固まって、音をひとつもたてないで演奏を聴くことに一所懸命になってる。ひとりでCDを聴くのと違うんだから、周りのひとともっと楽にして音を楽しんだらいいのに……」


この音楽祭ではホールでない場が演奏会場になっています。
ときどき、車の音がきこえたり、風が窓を揺らしたり、強い夕陽がステンドグラスを透かして入ってきたりします。
息をしながら、生活しながら、さえぎられていない音や光も楽しんでみては……。


調律から片づけまで、アーティストに寄り添って「待つ」ことも仕事の一部、のようなオルガンの石井さんと別れて、線路沿いの「三春堂ショップ」に伺いました。


e0123479_005024.jpg
ドアをあけるととしまテレビの小柳津さんとばったり。音楽祭のミーティングを収録した放映ヴィデオを届けにいらしてたんですね?「僕は撮るほうで、写るのは苦手です!」強引に。三春さんは忙しく電話をとりながら、居座る私と1時間近くもお話をしてくださいました。個性豊かな現代の器に囲まれて、目白の器(うつわ)のような方。


e0123479_012013.jpg
e0123479_013924.jpg


「望美楼」。
ぜひ音楽祭期間中に音連れて、訪れてみてください!白い空間にきれいなガラスの作品がたくさん並んでいます。
右は音楽祭のために作ってくださったサービス、天使のオートミールクッキー。
オーナーの酒井さんは「こうしてコーヒーと一緒に添えて出そうかと思って」と美しいコーヒーカップまで出して撮影させてくださいました。
筆者もいただきました。優しい甘さの香ばしいクッキー。こころにも沁みます。

天使がたくさん。いい街だ目白。

(今日は背中の見えない羽で目白の街を浮遊 アヤエル)
[PR]
by mejilog2007 | 2007-06-08 00:18 | 目白リポート
<< 【レビュー】ヴェネツィアの晩課 【目白リポート】絵本の家 >>
 
  (c) 2005-2007 mejiro BA-ROCK all rights reserved. page top