音楽祭事務局スタッフと公式レポータが目白情報を発信します
by mejilog2007
>> 目白バ・ロック音楽祭公式サイト
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ニュース
コンサートレビュー
目白リポート
バックステージ
事務局より
ブロガーのつぶやき
公式ブロガー(リポーター)たち
編集長タカハシ
『目白バ・ロック音楽祭2007公式ガイドブック』編集長

ひとみ
空飛ぶ歌姫。目白在住0年、まだヒヨコ

せん
日本を代表する(?)ネット系クラ・オタ

takako
地図を読む女。最近ボーヴォワールに目覚めたらしい

アヤエル
クラウディオいのち。休日も音楽家

カナエル
目白と天使をこよなく愛する食いしん坊。茨城出身
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

 携帯でメジログを読む!
 ※広告が表示されます

 
【ブロガーのつぶやき】ラ・ヴェネシアーナ@トッパンホール
日本語でT´amo!はなんていうんだ?

……トッパンホールの入り口で、もしかしたら迷ってしまったかもしれない後続のタクシーをはらはらしながら待っていると、なにやら少年のようにわくわくしたカオをしたクラウディオが件名の質問を。
愛しています、です。
「書いて!」
AISHITERU!
「Grazie!ねえ2曲目でロベルタにこれを言わせるんだ、ジュゼッペは知らないんだぜ!」

第2曲、Il bel pastor でのふたりのやりとり、はっきりしない牧童にしびれを切らした娘が叫んだ日本語のT´AMO!は皆さまに届きましたでしょうか。
「届きましたよ~」という返事のように、一気に空気がやわらかくなり拍手が。
マドリガーレで歌われる恋や愛の想いは現代でも、日本でも、だれにでも、身に覚えのあるもの。
レビューはどなたかにおまかせしましょう。
絶望して夜明けをさまよったり、そんな人を見つめて同情したり。
あこがれて苦しんだり、踊らされている自分をちゃかしてみたり。
1時間半に満たない時間のなかで、たくさんのひとと話をした気分。

そうそう、ソプラノのエマヌエラが、トッパンホールの床の美しさに大感激していました。なんて美しいの!と触りながら。


e0123479_8315931.jpge0123479_8322290.jpg



e0123479_8342914.jpg
では、たくさんの人を巻き込んで盛大に飲み明かされた、光の降りそそぐバ・ロックな食卓(最後の晩餐と言っていました)第?弾

e0123479_836526.jpg美しいニンファとプロデューサー武田

e0123479_8362415.jpg声はひとを表します。お聴きになりましたか?

e0123479_8364385.jpg左はいつも、マルタとアルパ(ハープ)を運んで下さったボランティア岩崎さん
e0123479_83719.jpg師匠と愛弟子。マスタークラスの通訳(と、すがられて宴会中も通訳)の辻さん
e0123479_8372866.jpg巨匠が熱く語り合っている

e0123479_97343.jpge0123479_8474998.jpg


さて、今朝は7時にホテル発。
アルパはシートの通路に置くのです。
トランクはおみやげでふくれあがっていました。
ありがとう!
書くよ!
待ってます!
飛び交うのは単語だけ、でもこめたものがたくさん。
まるでマドリガーレだ。

(見送りたくて朝頭をたたき起こすために、萩の月3つ一気食い アヤエル)
[PR]
by mejilog2007 | 2007-06-15 09:09 | ブロガーのつぶやき
<< 【目白リポート】LUNKO(ラ... 【レビュー】“こだわり”のリサ... >>
 
  (c) 2005-2007 mejiro BA-ROCK all rights reserved. page top