音楽祭事務局スタッフと公式レポータが目白情報を発信します
by mejilog2007
>> 目白バ・ロック音楽祭公式サイト
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ニュース
コンサートレビュー
目白リポート
バックステージ
事務局より
ブロガーのつぶやき
公式ブロガー(リポーター)たち
編集長タカハシ
『目白バ・ロック音楽祭2007公式ガイドブック』編集長

ひとみ
空飛ぶ歌姫。目白在住0年、まだヒヨコ

せん
日本を代表する(?)ネット系クラ・オタ

takako
地図を読む女。最近ボーヴォワールに目覚めたらしい

アヤエル
クラウディオいのち。休日も音楽家

カナエル
目白と天使をこよなく愛する食いしん坊。茨城出身
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

 携帯でメジログを読む!
 ※広告が表示されます

 
カテゴリ:事務局より( 4 )
第3回目白バ・ロック音楽祭を終えて
 6月1日から始まった『第3回目白バ・ロック音楽祭』。約3週間という開催期間で14会場26公演を主催・共催しました(他に講習会2回、講演会3回、アマチュア企画1回が関連企画として開催)。入場者はのべ5000人を超え、過去最大規模となりました。3年目にして音楽祭の知名度も上がり、新聞各社の文化欄のみならず社会面にも記事が掲載され、また、実行委員長である筒井氏のNHKラジオ番組出演、地元のケーブルテレビ局・豊島テレビによる特集番組の放映など、多くのメディアに取り上げられ話題になりました。

今年は、1607年にクラウディオ・モンテヴェルディのオペラ第1作「オルフェオ」が上演されて400年という記念すべき年です。そこで音楽祭の前半では、『モンテヴェルディフェスティバル 2007』と銘打ち、初期イタリア・バロックの名曲の数々を中心に演奏がくり広げられました。そして、音楽祭後半は、『西洋音楽との邂逅』というテーマのもと、南蛮文化の到来と日本音楽の関わりや、明治以降の日本と西洋の出会いを捉え返すという試みでした。とりわけ、南米における西洋音楽の伝播を紹介するプログラムは意欲的で、目白バ・ロック音楽祭でしか味わえない、趣のあるコンサートだったのではないでしょうか。

リュート・ギター奏者のラファエル・ボナヴィータさんには、音楽祭を通じて街とアーティストをつなぐ架け橋「コンサート・アテンダント」として協力していただきました。鳩山会館・花想容・ギャラリー鶉などでのアットホームなコンサートを始め、豊島区とのコラボレーションとして区の老人ホームでコンサートを行いお年寄りとの交流をはかるなど、大活躍のボナヴィータさんでした。

今年の「メジログ2007」のコンセプトは、「Web新聞」風に記事を載せていくこと。次々に更新されていく記事を読みやすくするために「コンサートレビュー」や「目白の街のリポート」など6つのカテゴリーを作成し、記事をまとめました。コンサートやアーティストの様子を紹介するだけでなく、音楽祭のもうひとつの柱、「目白」の街を紹介することにも挑戦し、ブロガーたちが目白の街に飛び出しては、そこで出会ったさまざまな人と風景とをレポートしました。性格はバラバラでまとまりはありませんが、音楽祭を愛する気持ちでひとつになった6名のブロガーがそれぞれの角度から音楽祭の様子を報告しました。

音楽祭では、いくつかの新しい試みも目を惹きました。そのひとつが「バ・ロックカード」。コンサートのアンケートに協力いただいたお客様に、このカードをお配りしました。カードは、一種の福引きになっていて、裏面に協賛店の割引券やアーティスト直筆のメッセージやサインが書き込まれており、好評でした。

さまざまなプログラム、さまざまな企画、さまざまな試みがあり、皆さまに満足いただけたもの、そうでなかったもの、もろもろあったと思います。昨年よりも、ひと回りもふた回りも大きくなった目白バ・ロック音楽祭ですが、まだまだ成長途上です。来年は、もっともっとパワーアップして、皆さまとお目にかかりたいと、関係者一同、志を新たにしております。

ありがとうございました。また来年!

(カナエル、タカハシ)
[PR]
by mejilog2007 | 2007-07-22 22:01 | 事務局より
【事務局より】エンリコ・ガッティ補足情報
ガッティ / アンコール情報

6月3日(立教大学第一食堂)、6日(東京カテドラル聖マリア大聖堂)、9日(トッパンホール)と3つのコンサートに出演したエンリコ・ガッティ(バロック・ヴァイオリン)。

優しい人柄と穏やかな視線がそのまま音になったような美しい響きに多くの人が魅了されました。ここで、アンコールの曲名を聞きのがした方、ガッティの肉声が聞こえなかった方のために補足情報です。

6月3日(日)立教大学第一食堂
アンコール曲:
ジョゼッペ・タルティーニ
ヴァイオリン協奏曲D-96より第2楽章

演奏の前にガッティの説明がありました。

「皆様、今日の演奏会を終わるに当たって、ジョゼッペ・タルティーニの150曲あるヴァイオリン協奏曲(今日ではあまり演奏される事がない)のひとつから緩徐楽章を演奏したいと思います。

戦後イタリアは経済的に苦しく、多くの貴重な芸術作品がお金を得るために外国に売られてしまいました。これはカリフォルニアのバークレーに渡ったもので、タルティーニ自身による自筆譜です。

このコレクションには、タルティーニ自身による緩徐楽章の装飾が書かれています。タルティーニはこれらの楽章を書く際にイタリアの詩-特にペトラルカ、タッソ、メタスタージオといった作家の詩に感化され、旋律はその詩の韻律に沿って作曲されました。

彼はその冒頭に、彼自身の文字――暗号のようなもの――でその詩を書きました。それはつい70年か80年前に解読されました。

A rivi
A fonti a fiumi,
Corete amare lacrime
Sin tanto che consuumi l'acerbo mio dolor

私の苦い涙よ、流れよ。
川や、いずみのように。
私の深い痛みがやわらげられるまで」(渡邊孝訳)

*なお、この日の配布プログラムの渡邊孝のプロフィールに誤りがありました。「アンサンブル・ヴィンサントのメンバー」という記載は、「リクレアツィオン・ダルカディアのメンバー」の誤りです。ここに訂正してお詫び申し上げます。

6月9日(土)トッパンホール
アンコール曲:
アルカンジェロ・コレッリ
ヴィヴァーチェ
ソナタ(Wo23)遺作から

A・ヴィヴァルディ
ヴァイオリン協奏曲、ニ長調 作品3-9
第2楽章
[PR]
by mejilog2007 | 2007-06-18 15:26 | 事務局より
【事務局より】音楽祭前半を終えて
後半のテーマは「西洋音楽との邂逅」

さわやかな風が通る本日18日は、音楽祭関連イヴェントがひとつもない、期間中唯一の日です。

音楽祭も残すところあと1週間、エンリコ・ガッティ、ラ・ヴェネシアーナ、ニコラウ・デ・フィゲイレド、ラファエル・ボナヴィータといった音楽祭の招聘アーティストたちは、それぞれの個性で強烈な印象と静かな(あるいは圧倒的な)感動を残して、次々と日本を離れていきました。

最後の1週間を飾る招聘アーティストは、アドリアン・ファン・デル・スプール。15日のアントネッロ『ザ・南蛮』ではボナヴィータとともにじつに息のあったギター&パーカッション、そして歌を披露し、音楽祭後半のテーマ「西洋音楽との邂逅」が幕を開けました。

一方16日は、ガッティとの一連のコンサートで共演し、にわかに注目を浴び始めているリクレアツィオン・ダルカディアの単独公演。これをもって前半のテーマ「モンテヴェルディ・フェスティバル」が幕を閉じました。

17日はそのダルカディア(みんなで略して覚えましょう!)のチェンバロ奏者である渡邊孝のソロ・リサイタル。ガッティやラ・ヴェネシアーナとの共演を合わせて5つのコンサートへの出演は、テオルボ&バロック・ギターのラファエル・ボナヴィータさんと並んで、今年の音楽祭最多です。

ひとつひとつのレビューやレポートが追いついていませんが、余韻の中で、とりこぼしたものも少しずつ拾い上げていきたいと思います。

お目当ての演奏会が終わった方も、これからという方も、どうぞメジログをのぞいてみてください。
[PR]
by mejilog2007 | 2007-06-18 14:59 | 事務局より
【事務局より】メジログ2007はじまります!
今年のメジログは「Web新聞」風に

目白バ・ロック音楽祭が明日からいよいよ開幕。
6月1日(木)~24日(日)の開催期間中、公式ブロガー(リポーター)たちが、コンサートや目白の街の様子を毎日お伝えします。
お楽しみに!

(タカハシ)
[PR]
by mejilog2007 | 2007-05-31 14:14 | 事務局より
 
  (c) 2005-2007 mejiro BA-ROCK all rights reserved. page top